活版工の日常

内田印刷 業務日誌

 
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02

活版印刷とLetter Press

先日お客様とお話していたときに、

Letter Press と 活版印刷って何がちがうの?

自分では解かっているつもりでしたが、改めて考えてみると・・
自分なりに今回のご質問の答えを考えてみました

*あくまでも、私個人の考えです・・ご注意下さい
間違えていたらゴメンナサイ
苦情はメールでも下さい

ではでは
Letter Press と 活版印刷の 違いですが

簡単に言いますと・・
Letter Press は英語圏の呼び方・・
活版印刷 は日本の呼び方・・

両者とも同じ凸版印刷です

これでは答えになっていないかな?

では活版印刷(Letter Press)とは・・
木版、活字、亜鉛版、樹脂版など凸版を使って、活版印刷機によって印刷された印刷物
旧式の凸版印刷方式

現行の凸版印刷方式はフレキソ印刷と言います。
フレキソ印刷は専門外ですので、詳しく解かりませんが
使うインキや印刷媒体が違います。
フレキソ印刷は、版が輪転のようです

活版印刷機は基本的には、版が平台(平圧印刷機)です
(以前は輪転もありました)

hanko_20130212181945.jpg
活字、亜鉛版、樹脂版 (樹脂版、亜鉛版は(写真右)メタルベースという台座に貼り付けます。

hanko01.jpg
これはチェースといいます。
この枠に、上記の版を組み込みます。版の高さが合えば混在も可能

hanko02.jpg
チェースを印刷機に組み付け、印刷

heidel.jpg
(*写真* 弊社ハイデルベルグ T型 プラテン機)
海外ではこの機械をウィンドミルと呼ぶそうですが、日本ではプラテンと呼びます。

紙の送り、版の取り回し、ローラーの動きなど活版印刷機によって
いろいろありますが、
活字、亜鉛版、樹脂版、などを使用して印刷する機械を、
日本では活版印刷機と呼びます。

1950年頃 オフセット印刷機の普及にするまでは、
紙媒体のほとんどは活版印刷で印刷されていました

当時の活版工の腕の見せ所は、いかに凹凸を付けづに綺麗に印刷するか・・

しかし現在の活版工の腕の見せ所は、
いかに凹凸を付けづに綺麗に印刷するか・・
はもちろん
さらに
凹凸を付けて、凸版印刷の風合いを出せる印刷が出来るか・・

簡単ですが、自分の見解はこんな所です
ご理解していただければ、拍手を押してくれると嬉しいです!
スポンサーサイト
Facebook Page
プロフィール

uchidainsatu

Author:uchidainsatu
東京で、活版印刷所を営んでおります

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
バロメーター