活版工の日常

内田印刷 業務日誌

 
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加工紙 持ち込み紙 刷り込み について

R0012627.jpg
加工された紙 持ち込み紙 刷り込み の場合

*ご購入前に、必ず弊社にご相談下さい

・紙の状態 加工状態 印刷条件によって、印刷出来ない場合が御座います
 特殊紙 加工紙の場合 3〜5枚程度 サンプル紙(実際印刷する紙)
 を使い印刷機の動作確認をさせていただいております。
・実績のある紙は、動作確認不要です。

*刷り込みについて
・一度印刷され、断裁など加工された物に刷り込む場合、
 元の柄絵に微細な見当を合わせを行う事は出来ません。(針 アテ(見当の基準)が失われるため)

活版印刷機は現行のオフセット印刷機と比べ、フィーダーの形状がメーカーによってまちまちで、
他のメーカー活版機で印刷出来ても、弊社で出来るとは限りません。
特にプラテンは特殊なフィーダー形状で柔軟な対応が出来るメリットもありますが、
デメリットもあります。

少し文章で説明する事が難しいと思いますので、
ご不明な点など御座いましたらお気軽にご相談下さい
内 田 印 刷
スポンサーサイト
Facebook Page
プロフィール

uchidainsatu

Author:uchidainsatu
東京で、活版印刷所を営んでおります

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
バロメーター
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。