活版工の日常

内田印刷 業務日誌

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
03

樹脂版による活版印刷 Exhibition DM

R0014510.jpg
樹脂版による活版印刷
Numero Uno
2015 FALL /WINTER EXHIBITION  PUZZLE DM
R0014522.jpg
ニスを使用する事により、凹みを強調いたしました。
紙厚が0.6mmありますが、表面を強く凹ませると 裏面が膨らんでしまいます。
空打ちも可能ですが、ニスを使用する事により、凹みを軽く付けるだけで印象が強くなり
裏抜けも防げます。
R0014554.jpg
裏面も樹脂版による活版印刷で、
ロゴの目の部分、網点は65線、今回はフィルム出力(セッター)段階で線数設定しました
画像のままですと、ベタの部分まで網点化してしまいます
パス線と画像のすみ分けが出来ていれば、
画像による網点化が避けられ、網点による階調を出す事が出来ます。

Design, Sayumi K

活版印刷、樹脂版用AIデータ作成など
ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご相談下さい。

内 田 印 刷
スポンサーサイト
Facebook Page
プロフィール

uchidainsatu

Author:uchidainsatu
東京で、活版印刷所を営んでおります

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
バロメーター