活版工の日常

内田印刷 業務日誌

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K・Y様 結婚招待状 一式 活版印刷

ky001.jpg
K・Y様 結婚招待状 返信はがき 封筒 活版印刷
を製作させていただきました。

シンプルで風合い良く、また全体のまとまりに注意を払って製作いたしました。
デザイン及び入稿データ作成はお客様のお知り合いの方が行い、
弊社では、紙と色のご提案、印刷、製本を承りました。

ky004.jpg
深い茶色がご希望との事でしたので、弊社のオリジナルカラーで印刷いたしました。

写真では解りにくいのですが・・
色に深みを出す為に
インキを5色使用して調色いたしました。
少しカスレさせ、クラシックな風合いも演出してみました。
網点などで擬似的に作ったカスレとは違い、ナチュラルなカスレですので、
とても良い風合いだと思います。

今回のカスレは凸版印刷の特徴、マージナルゾーンの応用と紙の特性を生かした物です。
あくまでも自然なカスレですので、1枚1枚若干出方が変わってきます。

実際本機に乗せて印刷するまで、どの位カスレるかは、予測出来ませんので
カスレがご希望の方は、弊社におまかせしていただくか、本機校正にて対応いたしております。

ky002.jpg
本文は、裏抜け、文字潰れを極力抑えて印刷
ky005.jpg
表面は凹凸がはっきりしていますが、本文は文字を綺麗に印刷しております。
触ると若干凸凹している程度です。
少し凹んでいるだけでオフセット印刷違い、とても力強い風合いになると思います。

ky006.jpg
お客様の持ち込み封筒に、お名前とご住所を、招待状と同じ色で印刷いたしました。
とても素敵に封筒印刷出来たのですが、個人情報の為モザイク処理させていただきました。
スイマセン

今回使用いたしました封筒は、ウイングド・ウィール社様の封筒

封筒選択の際、今回使用する紙の印刷サンプルを青山ショールームに
ご持参していただき、紙と封筒の相性を見て封筒を選んでいただきました。

封筒はかなり白いですが、招待状の紙をここまで白い物にしてしまうと、
ちょっと風合いが硬くなりすぎてしまうと思います。
ky013.jpg
内紙がパールですので、今回使用した生成りな紙と共にコントラストが出て風合い良くなると思います。

ウイングド・ウィール社様の封筒は、
厚みのあるやわらかい風合いの封筒で、活版印刷とも相性が良く、とても素敵な封筒です。
東京、大阪にショールームがありますので、ご興味のある方は是非足をお運び下さい。
残念ながら私はまだ行った事が無いのですよ・・
時間を作って一度行かないと・・

*お客様 封筒 持込み印刷についての注意点*
・特殊な封筒の場合、購入する前に必ず事前に弊社に現物をお見せ下さい。
・海外製の一部特殊な封筒、特殊なコーティングをしている封筒、形状が特殊など
 活版印刷出来ない場合がございます。(オフセット印刷可能でしたら大体大丈夫です)
・印刷枚数によって変わりますが最低でも15枚以上印刷予備の封筒が必要です。
・基本的に封筒印刷の活版凸凹印刷は不可(状況によって可能な場合もあります)

最後に
K・Y様 並びにデザイナーT様 この度はご依頼ありがとうございました。
K・Y様にはお礼のお手紙まで頂き、大変感謝いたしております。
K・Y様のご婚礼のお力に成れればと思い、微力を尽くした次第で御座います。
活版印刷にご興味を持っていただけた事、
更にご自身のご婚礼に活版印刷を選んでいただいた事に感謝いたしております。

弊社といたしましても、活版業界の方々と切磋琢磨して
良質な活版印刷物を輩出するよう心がけております。
また何処かで、活版印刷物並びレタープレス製品を手にとって、
レタープレスの風合いを楽しんで、ご愛用頂けましたら幸いでございます。

取り急ぎお礼まで
乱文にて失礼いたしました。

内 田 印 刷
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
Facebook Page
プロフィール

uchidainsatu

Author:uchidainsatu
東京で、活版印刷所を営んでおります

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
バロメーター
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。