活版工の日常

内田印刷 業務日誌

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変形、加工された紙に活版印刷 

ブログの更新が疎かになってスイマセン、毎日仕事を取るのに必死なもので・・
厳しい日々が続きますが、前向きに頑張ります、それはさておき・・

弊社のハイデルベルグT型 プラテン機、少し変わった特徴が御座いまして
変形した紙、又加工された紙に印刷する事が可能です。

印刷製品を作る工程として
製版 → 印刷 → 製本 という流れが主流です。

弊社の場合
製版 → 印刷 → 製本 → 印刷 や
加工された紙製品への印刷などが可能です。

R0011236.jpg
これは、他社でオフセット印刷されたボール紙にトムソン加工された物
弊社が肩書きを5社分刷り込みました。
これを俗に、刷り込み と言います。

R0011253.jpg
窓 グット口糊付の封筒に社名を印刷

naga003.jpg
角2封筒がt型プラテン機で印刷出来る最大サイズです。

R0011273.jpg角2の多色刷りです。個人情報が載っているためモザイクですいません
*上記の活版印刷は凸凹させていません。

条件さえ整えば、丸、三角、ひし形など、和紙の耳付きも基本的には印刷可能です

    ****注意点****

・裁落とし(絵柄が外に出る)は印刷不可

・最初に印刷された箇所(下絵)に、微細な見当合わせは不可


下絵を印刷した時の 見当の基準になる辺(針、当て(クワエ))
が加工する事により失い、下絵に対して見当合わせの基準が取れ無くなる為)
製紙加工状況にもよりますが下の絵柄に対して0.5mm~3mm程度ズレが発生します。

・丸、扇型 など見当合わせに必要な辺が無い物に対して、多色刷りの見当合わせも不可

その他、給紙や印刷可能範囲、印刷予備など注意する点が多々御座います。
少し複雑な部分が御座いますので、製作する前に必ず先にご相談下さい。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment


Body
Facebook Page
プロフィール

uchidainsatu

Author:uchidainsatu
東京で、活版印刷所を営んでおります

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
バロメーター
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。