活版工の日常

内田印刷 業務日誌

 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08

PAR ICI 2015 A/ W CATALOG カバー活版印刷

parici001.jpg
PAR ICI
2015 AUTUMN WINTER CATALOG カバー 
活版印刷にて制作 ・表面 特色2色 ・裏面 特色1色
         ・用紙 両面クラフト600g/㎡
parici004.jpg
凸版印刷は、平版やその他印刷方式と比べ 網点の表現が難しいとされています。
ただしデータ作成段階からバランスを考え、樹脂版の生成、凸版印刷機の調節
また紙に対する線数調節が出来れば、このようにオーバープレスでも網点表現が可能です。

現在のオフセット印刷ほど高解像度は上げられず、図案によっては表現が難しい場合も多々御座います。
凸版印刷(活版印刷)は、線数を上げる・・より 線数を落とした方が、
マット紙、上質系の用紙に対しては、網点の詰まりが軽減され良い結果が出せます。
網点以外のパス線なども同様です。

写真などは昔の新聞の独特な風合いが出せるとかとおもいます。
parici003.jpg
裏面は非常に細かな文字ですので、文字潰れを抑え凹凸無く印刷いたしました。
本文印刷 製本 は大手印刷会社様にて制作されました。

Special thanks

PAR ICI
http://www.ambidex.co.jp/par_ici/collection.php

Art direction
Shogo Seki

ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご相談下さい
内 田 印 刷
スポンサーサイト

Facebook Page
プロフィール

uchidainsatu

Author:uchidainsatu
東京で、活版印刷所を営んでおります

 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
バロメーター